.

一般的に、クレカの上限額が所有者が日々決済するよりも高くなっていると人間は安心だと勘違いして必要よりもクレジットカードを利用してしまったりするようです。

そのようなクレジットカードでの買い物のしすぎを制御するようにクレカの上限金額をできれば少なめにしておこうという提案が、この文の主旨です。

限度額の引き下げ方◎クレジットカードの月の利用限度額を引き下げるとは限度額を増やすことと同様、本当に手軽です。

カードのサインのある面に記載されているフリーダイヤルに連絡して「月の限度額の引き下げをしたいです」と希望を担当者にはお願いするだけです。

おおむね現時点での月の限度額に対して低いのであれば、調査もなくそのまま変更が終わります。

カードの限度額をセーブしておくのは自分を守ることとも結びつく▼クレジットカードの限度額を減らしておくことは、自己統制等の良いこと以外に防犯対策とも関連があります。

もしも、カードが紛失等により悪用されてしまったとしても日頃からクレカの月ごとの限度額を低めに押さえていればリスクを可能な限り最小限にするようにできるからです。

安心して欲しいのは、もしクレジットカードが乱用されてしまった場合でもクレカの保有者に重大な過失が確認できない限り、盗難保険という機能が加入者を保護してくれるし心配はないのですけれど1%の可能性のことを想定して、必要以上の月ごとの限度額は低くしておくと効果があるでしょう。

使い切らない利用限度額はデメリットとしか言えないでしょう。