.

自動車重量税、略して重量税という税金は日本の車もしくはイタリア車等車の生産国やハッチバック、ワゴン車等車の形状に関係なくたとえばホンダやなどでも同じように負担を必須とされているもののことをいいます。子供 花粉症

新車登録の場合、もしくは車検の場合に納税が必要なものになります。http://joshui.seesaa.net/article/381248079.html

この金額は愛車の重さによって決定されます。秘密の通学電車

「自動車重量税」と「自動車税」は別の概念のため、基礎を学んで混同しないようにする必要があります。身長を伸ばす方法

「自動車重量税とはクルマのウエートにより」「自動車税は総排気量で」金額が変わってきます。腸内フローラーダイエット

そして売却時の待遇も変わりますし注意しましょう。登録販売者 試験日 28年度

中古車の売却のときには支払い済みの自動車の税金がいくら残っていてもその金額が還付されるようなことはないのです。

一方自動車税であれば、支払った額を買取金額に乗せてくれるようなケースがあるものの、重量税の場合は足されるようなケースはあまりないのが現状です。

重量税については、手放す際に既に納めた金額が残存していると言っても自動車買い取り業者にてその事実が考慮されるケースは少ないのです。

ですから次の支払い要は次回の車検まで処分を待ち買い取ってもらうという手段がベストと思います。

中古車買取の際は考慮していただけない重量税でも特別な事例だと返ってくることもあります。

この事例というのは、車検期間が残存している愛車を廃車にしてしまうケースです。

要するに、抹消登録をすると、残存期間に応じて重量税が返ってきます。

ただ車買い取りの時はその自動車が廃車されるわけではないので返金されません。

さらに車の名義変更をした場合や盗難にあった際も返還してもらうことはできません。

重量税が残っている愛車を売却するイコール車検の効力がまだあるクルマです。

そのことを買取側も計算に入れますので、重量税の期間が残っていればある程度買取額があがることでしょう。

勿論、査定額は店舗によって変わりますが、車検期間が残っているということを計算に入れてもらえば所有車の買取額からみるとあまり払い損ということもありません。